経営者とそのご家族の健康管理と健康上の悩みや問題を
より効果的に解決するための、特別限定コンサルティング指導

HOMEへ戻る個別指導
【お知らせ】 お申し込みはお早めに。毎月の定員になり次第締め切ります。>>>
無料「命もうけ」
特別メール講座

経営者が1000億円出しても買えない「命もうけ」のヒント

個人向け
お問い合わせ
お問い合わせはフォームに記入してご送信下さい
講演依頼
講演のご依頼について
運営者について
サイト運営管理責任者のご紹介
ご理解頂きたい
諸事情について
特別コンサルティングを行なうにあたってご理解頂きたい諸事情がありますのでお読みください

個人情報の取り扱いについて

特定商取引に関する表記
 
国内リンク集
海外リンク集
 
企業・法人向け特別コンサルテーションはこちら
統合医療とは?


 統合医療( Integrative Medicine )とは、何よりも、患者にとって最良の恩恵( Patients' Best Interest )を与えうる医療の可能性を目標において、今日の医療の中心となっている現代西洋医学のシステムや方法論だけでなく、それ以外の医療システム、すなわち、東洋医学をも含めた、さまざまな相補・代替医療( Complementary and Alternative Medicine:略してCAM )のシステムや療法を、積極的に取り入れて、統合的な治療とケアをしていこうという医療のことを指しています。

 具体的にいえば、病気の診断確定や、救急医療には、大いに現代西洋医学の医療と技術を活用し、一方で、対症療法的なアプローチでは解決できない、生活習慣病や慢性疾患、免疫性疾患などには、大いに、東洋医学も含めた、適切な相補・代替医療の知識や知恵、方法を、積極的に評価し選択して、活用していく、ということです。

 米国では、すでに国立衛生研究所(NIH)に国立相補・代替医療センター(NCCAM)が設立され、110億円を超える研究予算を使って、さまざまな相補・代替医療( CAM )について科学的な研究を行なっていますし、世界的に有名なハーバード大学医学校でも、CAMと統合医療についての研究所が設立されており、海外の大学医学校とさまざまな共同研究をやっております。

 また、統合医療(Integrative Medicine)という言葉の最初の発案者である、アリゾナ大学医学校教授 アンドルー・ワイル博士は、すでに統合医療を診療で実践できる医師育成の教育プログラムとして、統合医療プログラムという研修プログラムを、アリゾナ大学医学校で行っています。

 そのようなことがきっかけとなり、すでに全米の60%を超える大学医学校が、卒業後の課外講座として、CAMや統合医療についての講座を、開いています。

 簡潔にまとめるならば、ホリスティック医学 ( Holistic Medicine )を、医学と医療の総論的な姿勢、すなわち、医の背骨に当たる「医の哲学」とするならば、統合医療( Integrative Medicine )は、より具体的で各論的なもので、東西医療の積極的な協力・活用の実際的方法といったら、わかりやすいかもしれません。

 文化に歴史と伝統があり、また経済力と教育レベルの高いはずの日本が、これから統合医療の質の高い実現を果たし、これから、東西の知恵のバランスをとる役割を、世界で果たしていくことを願っています。








プロフィール

国際特別顧問



ホリスティック医学とは?

統合医療とは?

経営者の健康管理

大塚晃志郎の本



「治る力」の再発見―自然治癒力を生む生命の原理


人のからだは、なぜ治る?―ホリスティック・メディスンの知恵



体はこうして癒される―自然治癒力を活かす知恵


きっと、治る―「生きるよろこび」が体を癒す



祈る心は、治る力



ディベート討論 代替医療はほんとうに有効か


HOME| お問い合わせ | 運営者について | ご理解頂きたい諸事情について | プロフィール | ホリスティック医学とは?
統合医療とは? | 大塚晃志郎ブログ | 個人向け特別指導 | 講演依頼
個人情報の取り扱いについて | | 特定商取引に関する表記

Copyright 2006 KOSHIRO OTSUKA. All Rights Reserved.